ザ・ワールド

ザ・ワールド Top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告

RAG-FES30!

本日は大変暑い中、RAG-FES30に足を運んでいただいた皆様、
運営スタッフの方々、サークルの皆様、本当にお疲れ様でした!

エアコンのせいか、鼻風邪っぽくて、くしゃみ鼻水が酷く、
寝不足気味も手伝って、非常に周りの皆様にご迷惑をおかけしましたっ!
滅茶苦茶ごめんなさい、マジですみませんでした。

ガンホーの方も来ていて、前日に行われた
浅草サンバカーニバル(観に行きました!)に現れた
ポリンカーも展示されてましたw

120826-1.jpg

アルパカかわいい♪

120826-2.jpg

ポリンはどうやって運転するんだろう…

120826.jpg

コピー本ともいえないような冊子しか作れなかったけど、
10TH アニバーサリー的なファンブックにむけて、
今度はイラスト頑張っちゃうからね☆

そんでもって12月のRAG-FESに新刊出せるように…
ぉぉぅ、殺す気デスか!?
はい、死ぬ気でやります、やってやります!

ってことで、本当に今日は皆様お疲れ様でした!


スポンサーサイト

♪来ませんか私の故郷へ♪…函館

120722-21.jpg

先日、お仕事で函館に行ってまいりました。
北海道はまだまだ涼しいのかと思いきや、
東京とさほど変わらない気温でした。


空港からリムジンバスで揺られて到着、函館駅!
バス内では地元女性歌手による、函館ご当地?ソングが流れてました。
…延々と、エンドレスに流れるので、到着時には乗客全員が歌えるほどに!
おそるべし、この洗脳!!!

みなさま気になる歌詞は、一番最後にご紹介(いらんわ!)


120722-20.jpg


函館の夕暮れ
うつくしぃ…


120722-18.jpg

大門横丁にて、
函館塩らーめん「龍鳳」
どんぶりの底が透き通って見えるスープという触れ込みで、
「新・黄金塩ラーメン」



120722-17.jpg

どこがやねん(笑)
味も普通…


気を取り直して、恒例の2杯目。
地元のタクシー運転手さんのおススメはコチラ、


120722-16.jpg


80年代の塩ラーメンがウマイ!
携帯クーポン見せたら鮭の親子丼(ミニ)がオマケ☆
気前良すぎるでしょ、イクラちゃんがこぼれんばかり!
味もかなりよかったです。



さてさて、翌日。
仕事が昼以降なので、午前中はフリータイム。
ホテルのレンタサイクルにて、市内観光。
これめっちゃ良かった!

120722-15.jpg

赤レンガ倉庫


120722-19.jpg

八幡坂

ホテルの方が「市内はかなり坂がきついので電動自転車のほうが…」と勧めてくれたのに、
「結構です!」とあっさり断った私。バカバカ。
傾斜もそうですが、坂がながーーーーーい!!
遠く函館山には展望台が聳え立つ。流石にそこまで行ってる時間は無く、


120722-14.jpg


振り返れば函館港


120722-13.jpg


教会


120722-12.jpg


旧函館区公会堂


120722-11.jpg


相馬株式会社?
路面電車の線路もまたいい味。


120722-10.jpg


今度は函館港沿いの「ともえ大橋」


120722-9.jpg


2キロ超のながーーーい橋。
大声で歌いながら疾走しました♪


120722-8.jpg


五稜郭タワー


120722-6.jpg


五稜郭内部に通じる緑のトンネル
ステキ!


120722-7.jpg

五稜郭
中は正直しょぼん…地元の子供たちが写生大会してました。
時間もないので中を一周チャリンコで駆ける。

120722-5.jpg


ラッキーピエロ
友人から事前情報で聞いていたが…お前だったのか!


120722-4.jpg


土方歳三 最期の地


120722-3.jpg


月光仮面像


120722-2.jpg


市場の様子
このころ既に11時をまわる。
よって朝市ではないけど、雰囲気だけw


120722-1.jpg


海鮮丼ミニ
タクシー運転手の名前を出したら、
カニの味噌汁がサービスに!
クマガイさん、ありがとう!!!
気前が良過ぎね、北海道☆
※走行距離:約18km



勿論空港へ向かうバスの中では、例のローカル曲が!


故郷のないあなたの
故郷になりたい
二人で季節を重ねてみませんか
春は桜の五稜郭
夏は漁火青く揺れ
秋は色づく函館山
冬は粉雪降り積もる
神様がくれた贈り物
あなたにあなたに見せたいのです
来ませんか来ませんか
わたしの故郷へ

走り疲れたときには
この空を見上げて
心の荷物をほどいてみませんか
路面電車も朝市も
八幡坂の潮風も
きっとあなたは好きになる
人の笑顔に触れたなら
どこか懐かしいこの街で
忘れた温もり探しませんか
来ませんか来ませんか
わたしの故郷へ

あなたそっと微笑むだけで
温かくなる胸が
ここにあるから

街に舞い降りた星たちが
織りなす煌めき見せたいのです
誰よりも誰よりもあなたが好きだから

好きだから
す~きだぁか~らぁ~♪


※タイトル誤解の無いように!
 私の故郷はお米の国、新潟です!
 (どうでもいいって?)

山中湖へ・・・

先日、お仕事で山中湖近辺に行ってきた。


現場が富士山間近なので、思いっきり観光気分で
楽しもうと思ってました…ところが、


120712-1.jpg

あいにくの暴風雨。

湖のスワンボートがすっごい勢いで上下動を繰り返し、
近寄ってみないと湖面も見えないくらいに雨が酷かった!
というか現場近くのバス停降りて、傘をさした瞬間に
傘の骨が折れるという強風っぷり…

俺は雨男なのか???
と悲しみを感じることは今までもあったが、
雨男もここまで来ると天晴ですね、もはや『暴風男児』です。


120712-2.jpg


120712-3.jpg

鯉のから騒ぎ…この雨風を楽しんでるように見える。


120712-4.jpg


山中湖名物『しじみラーメン』
極めて普通。イメージ通り、見た目まんまの味でした。
特性ラー油を垂らすと味がガラッと変わって一杯で二度美味しいよ。
オッチャンはとってもいい人でした。


ずぶ濡れになり、高速バスのきっついエアコン攻撃にもメゲズ、
なんとかかんとか、お仕事は終わりました。


行きも帰りも、富士急ハイランドの屋外アトラクションは
全く動いた様子がありませんでした。
この日に遊びに行った人たちこそ、
『暴風王子・豪雨王女』ですね。

これに懲りずにガンガン人生楽しみましょう♪

なんだかいろいろ・・・サザエさんのエンカウント率高っ!

久しぶりの更新…
いろいろあったよ、ホント。
簡単、簡潔に報告します。


120407-2.jpg

愛知県豊橋市、豊橋駅前風景。
大空に向け、シャトルが発射してます。
最近宇宙ネタ多いですよね、ハヤブサから宇宙兄弟、
「光宇宙(光宙?)」とかいて「ぴかちゅう」と読むきらきらネームまで。


120407-1.jpg


カッコイイ!



120407-3.jpg


地元の高校生が捕まえて騒いでた原因はコレ!



120505-1.jpg


川口のとあるショッピングセンタ付近にて。
おいおい、何か月前ですか、この画像w


120505-2.jpg


気持ち良さそう!


120620-2.jpg

120620-1.jpg


京都御所。
ひろーい。
おっきいカートを引いて歩くことは困難です。
砂利にカートの車輪が埋まってしまって…アセダク!

120620-3.jpg
120620-4.jpg

何気ないけど、存在感がスゲー♪
こういうの好き!
やっぱり京都は良いよね。


120504-1.jpg
120504-2.jpg

中国版チェスかしら?
こういうのも好き!!
これは大阪の中華料理屋?551にて。


120707.jpg

川口の商店街のお祭りにて。
サザエさん一家も七夕祭りを楽しんでました。


120709-1.jpg

福岡博多の山笠祭り。
(川口の七夕祭りから2日後)

120709-2.jpg

サザエさん一家はお祭り大好きなのね~♪
そして、明日からまた福岡…

次回は「函館編」アップしなきゃっ!

ピカソの絵に落書き!!

ピカソの作品に、白昼堂々落書きをした男が現れた。
その男は、美術館に展示されていたピカソの作品に近寄ると、
素早くスプレーで“征服”を意味するスペイン語などを落書きして逃走。
そして、その様子を偶然捉えた動画がYouTubeに公開されたことから、
大きな話題を呼んでいる。

事件は6月13日付で、男が犯行に及んだ瞬間が撮影された動画
「Conquista la Bestia」(http://www.youtube.com/watch?v=dhDgxNsLzgM)
もYouTubeに投稿され、さらなる注目を集めている。
撮影したのは偶然居合わせた男性とされ、TVの取材に応じているが、
当時、スマートフォンで撮影した理由を

「躊躇なく絵に近付いて行った男がカッコよく思えて」

と話している。
また、犯人は撮影をした男性に、

「自分は精力的なアーティストであり、
ピカソの仕事に対して敬意を表すために行った」

と話していたそうな(掲載記事一部参照)。




自称アーティストの犯行に及んだその理由や、
その行為ををカッコイイ等と感じる奴(ゆとりちゃん?)の性根も、
そんな落書きをされて現行犯で捕まえられないような
美術館側の管理体制もどうかと思ってしまう私。

海外の美術館に入ったことが無いので、展示の規模と作品数のバランス、
監視員の配置・人数等は全くわかりませんが、
そういえば日本でも、アホみたいに長い付爪をした女性が
作品を間近に指さす行為を何度か見かけたことはあります。


作品を身近に感じるのは良いけど、もっとリスペクトしてあげて欲しいです。
そんな輩が多いと、うちに仕事がまわってくるんです、ヤメテー!!




プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。